TOP>>information
当院のお約束
院長&スタッフ紹介
治療院紹介
当院のあゆみ
治療のご案内
受付から治療まで…
アクセス
経絡指圧とは
症例の紹介
指圧Q&A
マスコミ紹介
セミナー案内
貴方の不安を解消するための質問集です。
治療予約や各種お問い合せ…

入梅の時期、お腹や脚の「冷え」に注意しましょう。

入梅が本格的になって来ました。大雨と同時に蒸し暑さが重なって過ごしにくい日が続きます。それに合わせるように「だるい」、「何か調子がヘン」と言った訴えが来院される患者さんにも多くなっています。

経絡を診てみますと、押し並べて「胃経」「大腸経」に反応が出ている方が多いです。この歪みは「冷え」、とくに「寝冷え」などで出る証です。

確かに急に蒸し暑くなった反面、まだ厚めの寝具や寝巻きを使っている方も多いでしょう。夜中に寝具を蹴飛ばして体を冷やし、朝目覚めてから「今日は、何となくヘン…、風邪っぽい」と感じるようです。

対策はこの「冷え」はお腹と下肢が冷えるのが特長です。したがって夜中に「脚(もも)やお腹」を大きく冷やさない事がポイントです。

平成23.6.26

脚の指圧〜脚の指圧をする事で下肢の胃経やお腹の緊張を取る事ができます。
大腸経の腹部指圧〜大腸経に歪がでますと、深部にコリと圧痛が現れます。